家族葬 - 選ばれる背景

家族葬とは・家族葬が選ばれる背景

家族葬とは、故人の同居家族と3親等から4親等までで行う葬儀で、明確な決まりやルールはありません。近年、家族葬が増えている背景として、宗教というものの考え方の変化、葬儀の高額な費用に対する価値観の変化があるとされています。

家族葬ってどういうお葬式・なぜ家族葬が選ばれるの

家族葬ってどういうお葬式

家族葬とは、その文字通り、故人の同居家族と3親等、せいぜい4親等までで行う葬儀です。

 

従来の葬儀の形式にとらわれず、故人とじっくり別れを惜しむことができる、最後の別れを親しい人だけで惜しむことが出来るお葬式です。

 

この家族葬には、これといった明確な決まりやルールはありません

 

家族葬と選ばれる背景

家族葬と選ばれる背景

多くの場合、お布施などは不要とし、お通夜も無し、お寺も呼ばない、戒名も無しというものもあります。

 

小人数なので自宅でもでき、香典、香典返しが無いので煩わしい思いをしない、同僚、仕事関係など義理で来る人に迷惑をかけないなどのメリットがあります。

 

但しデメリットとしては、葬儀の後、訃報を聞いた人が五月雨的に訪れ煩わしいこと、また檀家の場合、納骨時に僧侶から拒否される可能性もあります。

 

なぜ家族葬が選ばれるの

家族葬は、近年特に都市部を中心に増加しています。

 

その背景としては、宗教というものの考え方・とらえ方の変化、さらに葬儀の高額な費用に対する価値観の社会的な変化があると指摘されています。

 

本当に意味・価値のある供養とは、故人と親交のあった人々が故人を偲び、お別れをするものという、本来の葬儀の姿に戻すという意味合いに於いて、本人自身が家族葬を選ぶということが、近年の家族葬が選ばれる背景にあります。

 

自分の葬式の費用で家族に金銭的な負担をかけたくない、そういう本人の意思、また残された遺族が、葬儀の費用を抑えたいという金銭的なニーズ、それに静かに少人数で故人をおくりたいという精神的なニーズ、これらで家族葬が選ばれています。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬とは・家族葬が選ばれる背景 関連ページ

家族葬の基本の流れ・密葬との違い・列席範囲
家族葬の基本的な流れは、通常の葬儀と変わりません。家族葬に対し密葬は、近親者を中心に葬儀・火葬することを意味します。家族葬の列席範囲は、身内以外はお断りとなり故人の同居家族と3~4親等までが最も多くなっています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead