家族葬 - 基本・密葬との違い・列席範囲

家族葬の基本の流れ・密葬との違い・列席範囲

家族葬の基本的な流れは、通常の葬儀と変わりません。家族葬に対し密葬は、近親者を中心に葬儀・火葬することを意味します。家族葬の列席範囲は、身内以外はお断りとなり故人の同居家族と3~4親等までが最も多くなっています。

家族葬の基本的な流れは・密葬との違いは・家族葬で列席する範囲は

家族葬の基本的な流れは

家族葬の基本的な流れは、基本的に通常の一般的な葬儀と変わりません。つまり、

 

家族葬の基本的な流れ

家族葬の基本的な流れ

お通夜 → 葬儀 → 出棺 → 火葬 という流れとなります。

 

但し、家族葬には決まりがあるわけではありませんので、僧侶を呼んでのお通夜や葬式は必須ではないため、僧侶を呼ばないケースも、またお通夜もないケースもあります。

 

さらに、故人を偲ぶ遺族だけで火葬場で見送るというケースもあります。

 

密葬と家族葬との違いは

家族葬は、参列者を近親者のみに限定した葬儀を意味します。

 

それに対して、「密葬」は公開されない葬儀という意味で、近親者を中心に葬儀・火葬することを意味します。

 

家族葬には定義はありませんが、そういう意味では「密葬」は家族葬の中に含まれる、家族葬の中のバリエーションの1つのケースと考えると分かりやすいでしょう。

 

家族葬で列席する範囲は

家族葬の列席範囲は、決まっているわけではありませんが、基本的には身内以外はお断りとなり、一般的には故人の同居家族と3~4親等までが最も多いケースとされています。

 

故人と親しかった親族、知人の方だけで最期のお別れをするというものが家族葬です。

 

生前の故人が列席してもらう範囲について指定していれば、その遺志に従い、また特に指定が無かった場合、3~4親等の範囲の中で、家族の意向に添って決めるようにしましょう。

前のページ 次のページ
 

お勧め家族葬対応の葬儀会社


 評価ランキング1位「東京葬儀」

東京葬儀

東京葬儀は、東京での葬儀を中心に神奈川・埼玉・千葉県の1都3県に強い葬儀会社で、口コミサイトでの評価ランキングで1位、利用者満足度96.8%とサービスクオリティに非常に高い評価を受けています。総額料金の明示はもちろんのこと、業界初の返金保証サービスを実施しています。



 葬儀の一括見積もり「葬儀レビ」

葬儀レビ

葬儀レビは、葬儀・葬式・家族葬の全国葬儀社の検索・総合情報サイトで、全国400社の見積りで葬儀費用を比較したい方への一括見積もり、緊急な葬式の24時間対応サービスを行っています。審査基準を満たし、過去の利用者アンケートの「声」から選ばれた評判の良い優良葬儀社を紹介しています。



 追加料金なし「小さなお葬式」

小さなお葬式

小さなお葬式は、追加料金を発生させず、必要な物品・サービスを全て含めた総額料金プランを提示する葬儀会社です。全都道府県で対応可能で、24時間365日、3名~5名のコールセンタースタッフが交代で常駐し対応をしています。追加料金がなく一律料金で特長です。



 葬儀・家族葬の「心に残る家族葬」

心に残る家族葬

心に残る家族葬は、理念や運営方針に賛同する全国の優良な葬儀社と提携し、安心で良質な葬儀を低価格で提供しています。全国平均の葬儀費用より安く、追加費用なしで葬儀を行い、寺院と付き合いがない場合、僧侶を定額のお布施で手配することも可能となっています。



香典・ご仏前代わりにはお花が適切です
 日比谷花壇「お悔み・お供えのお花」

全国の多彩な墓地・霊園を紹介
 もしもドットネット

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬の基本の流れ・密葬との違い・列席範囲 関連ページ

家族葬とは・家族葬が選ばれる背景
家族葬とは、故人の同居家族と3親等から4親等までで行う葬儀で、明確な決まりやルールはありません。近年、家族葬が増えている背景として、宗教というものの考え方の変化、葬儀の高額な費用に対する価値観の変化があるとされています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead