散骨 法律違反・マナー違反・非常識となる恐れのある散骨

法律を守りながらの散骨は大変で簡単でもお手軽な方法でもありません

映画などでよく、「故人が好きだった場所に」とお骨をまくシーンがありますよね?

 

「俺が死んだら海にでもまいてくれればいい」とお気楽に言ってしまう人を見たことのある人も多いでしょう。

 

でもちょっと待ってください。

 

この「散骨」、普通にお骨を埋めるよりずっと大変なのです。

 

 

法律違反となる恐れと散骨

散骨について

散骨について

まず法律の縛りが出てきます。

 

「墓地、埋葬等に関する法律」で、原則「墓地以外で骨を埋葬したり骨を焼いたりしてはいけない」と定められています。

 

「でもここでは『散骨』については触れてはいないじゃないか!」という反論も出てくるでしょう。

 

ですが「法律で縛られていないから」という理由で、何でもしていいわけではありません。

 

マナー違反・非常識になる恐れ

想像してみてください。

 

あなたが子供の、あるいは孫の手を引いて遊びにいく、公有の公園。

 

その下に、ほとんど原型のままの人骨が埋まっていることを。

 

あるいは遊びに行った海岸沿いに、人骨が浮かんでいる情景を。

 

現在、他者の私有地にまくこと以外は、法律的な縛りがないのが現状です。

 

しかしこれらのことは、純然たるマナー違反であり、非常識な話です。

 

そのため今では、散骨を希望する場合、人骨と分からないようになるまで粉々に砕き、人目につかない海の真ん中や、漁場をさけてまくのが一般的な形になっています。

 

自己の私有地であっても、この「粉々に砕く」というのは最低限のマナーです。

 

このように色々な制約や、お骨を砕く費用や時間がいるため、散骨というのは普通にイメージするような「簡単で」「お手軽な」方法では全くありません

 

「小さなお葬式」では海洋散骨サービスも取り扱っていますので、希望される場合は参考にして下さい。

 

 追加料金なし「小さなお葬式」

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク