家族葬と音楽 故人の愛した音楽でお見送りが出来ます

家族葬と相性が良い故人が愛した音楽での最後のお見送り

大切な家族が亡くなると、遺された家族には悲しみがのしかかりますし、決めることも山積みで、細かいことに気がまわらなくなりがちです。

 

しかし「家族で送り出す」と決めたのなら、尚更「故人が愛したもの」ばかりで作り上げる式にしたいものですね。

 

 

故人が愛した音楽を

故人が愛した音楽

故人が愛した音楽

その中の一つとして、「音楽」があります。

 

特別音楽に興味があり、それに親しんだ人なら、音楽葬という形で送り出すことがあります。

 

これは故人の所属していた音楽団体などに演奏してもらいながら送り出す式で、家族葬だけに限るものではありません。

 

ただ、一般の葬儀よりも家族葬との方が相性が良いです。

 

もちろん専門家に頼むこともできますが、故人が所属していたチームに頼むことができれば、呼ばれた人たちもお別れができますし、一生の思い出になるでしょう。

 

葬儀会社に依頼すれば簡単に無料でOK

このような形をとらずとも、もっと簡単に「音楽」を葬儀に組み込むこともできます。

 

それは「故人の愛した曲で」と葬儀会社に頼むだけで可能な、とてもお手軽な方法です。

 

どこの葬儀会社も、特にことわりがなければ、規定のBGMを流します。

 

このBGMを変えるのです。

 

一般的には、歌の入っていない曲や、カラオケ用に編集したものですが、声が入っているものでもOKです。

 

故人が吹き込んだ曲などがあればモアベター。

 

もちろんこれらに費用はかかりません。

 

ただ、テープなどは事前に用意しておいたほうがよいでしょう。

 

BGMを変えるだけで雰囲気もかわりますし、故人を身近に感じることができるのでお勧めです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク