家族葬と花 故人の愛した花で創る祭壇で葬儀を構成出来ます

故人が愛した花を葬儀会社に伝え花を中心にした花祭壇での家族葬を

音楽と同じように大事になってくるのが「お花」です。

 

一般の葬儀の場合、祭壇の周りにお花を飾り、そこから引き抜いた花や供物の花を使い棺を満たすのが普通です。

 

 

花を中心にした祭壇

花の祭壇

花の祭壇

この際に用いられる花は、かつては黄色の菊が中心でした。

 

しかし今は、百合やシンビウム、スイートピーなどの色鮮やかな花も用いられるようになっています。

 

また、「花祭壇」という言葉をご存知ですか?

 

これは仏教式の祭壇でありながら、白木を使うのではなく、遺影を花で囲んだものです。

 

もしくは無宗教の場合に、同じように花で遺影を取り囲むタイプの祭壇です。

 

いずれにせよ、「花」を中心にした祭壇が出来上がります。

 

葬儀会社が故人が愛した花を中心に祭壇をアレンジ

さてこの「花」ですが、実はある程度融通が利きます。

 

故人の好きだった花を葬儀会社に伝えて下さい。

 

もしその花の季節であれば、葬儀会社がその花を中心に祭壇を作ってくれるケースがあります。

 

特に家族葬の場合は祭壇自体が小さい傾向にあるので、このような対応は比較的容易です。

 

多くの場合、御遺体の胸のあたりに最後にブーケをのせますが、これも同じように融通が利きます。

 

葬儀における花のマナーを紐解けば、「使ってはいけない花」などが出てくるでしょう。

 

しかし葬儀とは、「マナーを完遂するため」に行うものではなく、「故人を送り出し、遺族が喪の儀式に服す」ためのもの。

 

たとえそこで「望ましくない」とされているお花であったとしても、遺族や故人が愛したお花で送り出すのがよいのではないでしょうか。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク