家族葬 - フルカラーの遺影が主流

遺影 故人を鮮明に思い出すことができるフルカラーの遺影が主流

お葬式の遺影は白黒で真面目な顔の着物姿が一般的でしたが、近年は故人を鮮明に思い出すことができる、その人らしさを大切にしたフルカラーの遺影が主流です。家族葬で、メモリアルブックのような写真集を作り見てもらうのもお勧めです。

真面目な顔で着物を着た白黒写真の遺影は少数派です

かつて遺影といえば、「白黒で」「真面目な顔をしており」「着物姿の」ものが一般的でした。

 

このステレオタイプの遺影は、ドラマや漫画などにもよく出てきますし、「遺影」といえば多くの人がこれを思い出すのではないでしょうか。

 

フルカラーの遺影が主流

 

フルカラーの遺影

フルカラーの遺影

しかし現実には、いまやこの形はほとんど使われていません。

 

時代遅れという訳ではありませんが、今は遺影も「その人らしさ」を大切にした写真が主になっています。

 

表情一つをとっても、笑顔の写真などがよく使われるようになっています。

 

白黒の遺影はほとんど使われずフルカラーが主流ですし、「着物は特別な日に着るもの」という流れになっているからか、服装も洋装、それも普段着が多いです。

 

故人を鮮明に思い出すことができる遺影

家族葬であり、故人がある程度若い場合、この傾向はさらに顕著です。

 

また、遺影は「直近の」写真を用いるため、病院などに入っていると、着物の写真などが残っていないことも要因の一つでしょう。

 

葬儀の形が多様化するのと同時に、遺影のあり方も変わってきています。

 

フルカラーで笑顔で洋装の姿の遺影を見て、遺族が故人をより鮮明に思い出すことができるのならば、それが一番望ましい遺影の形と言えるでしょう。

 

尚、相応しい写真がなくても、ある程度葬儀会社の方で修正することができます。

 

「やっぱり着物姿がいいけれど、洋装のものしかない」

 

「フルカラーを白黒に加工したい」

 

という希望があれば、気軽に相談してみましょう。

 

家族葬ならば、メモリアルブックのような写真集を作って、参列者に見てもらうのもよいですね。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

遺影 故人を鮮明に思い出すことができるフルカラーの遺影が主流 関連ページ

家族葬と音楽 故人の愛した音楽でお見送りが出来ます
葬儀を家族葬と決めたなら、故人が愛したものばかりで作り上げるのも良いお葬式になります。お勧めは、故人が愛した音楽をお葬式に取り入れることです。葬儀のBGMを変えるだけで雰囲気もかわり故人を身近に感じられ、お勧めです。
家族葬と花 故人の愛した花で創る祭壇で葬儀を構成出来ます
家族葬での祭壇を、花を中心にした祭壇にするのもお勧めです。故人の好きだった花を葬儀会社に伝え花の祭壇で葬儀を構成しましょう。葬儀はマナーを完遂するために行うものではなく、故人を送り出し遺族が喪の儀式に服すためのものです。
家族葬の料理 精進料理では無く魚や肉の葬儀も珍しくありません
家族葬の料理は、一般の葬儀の精進料理では無く、魚や肉を用いる葬儀も珍しくありません。また通夜振る舞いは、家族葬の場合、親族のみと考えてよいでしょう。家族葬は少人数なので故人の好きだった食べ物などを食べるのも良いでしょう。
棺に入れられるもの入れられないもの 故人の生前の愛用品
棺の中には、故人の思い出の品物を入れたいものです。ですが燃え残るもの、金属や大きな果物、有害なガスが発生するもの、カーボン製品は入れることができません。写真も良くないとされていますが、遺族の気持ちで決めて良いと思います。
散骨 法律違反・マナー違反・非常識となる恐れのある散骨
自分の葬儀にあたり、散骨を希望される方もみえます。しかし散骨は、法律違反・マナー違反・非常識となる恐れがありますのでお勧めできません。散骨というのは、普通にイメージするような簡単でお手軽な方法では全くありません。
家族葬の費用の実例 無宗教であれば10万円~20万円でOK
家族葬は無宗教かどうかで費用が大きく変わります。費用の掛かるケースでは、祭壇料金などを含めふくめれば50万円以上かかります。安く済んだ式では、10万円~20万円ほどで非常に静かなお式であり、しめやかなものでした。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead