家族葬 - 望ましい葬儀会社を選ぶ基準

良い葬儀会社を選ぶには 望ましい葬儀会社を選ぶ基準

良い葬儀会社、望ましい葬儀会社は、一級葬儀ディレクターが多く居る葬儀会社です。費用を明確にしない葬儀会社、型にはめた式を行おうとする葬儀会社は良くありません。可能なら、家族葬経験のある葬儀会社を見つけましょう。

望ましい葬儀会社とは一級葬儀ディレクターが多く居る葬儀会社です

葬儀会社に頼むことを決めたのなら、次に大事になってくるのは「どこを選ぶか」ということです。

 

喪家となった家が代々お世話になっている葬儀会社があるのなら、そこに依頼しましょう。

 

しかし多くの人が、一から葬儀会社を選ぶことになります。

 

ではどういう葬儀会社が望ましいのでしょう?

 

まず「こういう葬儀会社は駄目!」というところから見ていきましょう。

 

費用を明確にしない葬儀会社は駄目

 

費用を明確にしない葬儀会社

費用を明確に
しない葬儀会社

一番まずいのは、費用を明確にしないところ。

 

大幅ダンピングなどをしてくる業者も要注意です。

 

これらは初期設定の費用に問題があるところが多く、追加追加で結局高くなるケースが多いからです。

 

はっきりとした見積もりを出してこないところは断りましょう。

 

型にはめた式を行おうとする葬儀会社は駄目

二つ目に挙げるのは、遺族の意向を聞き取らず、型にはめた式を行おうとする会社。

 

葬儀会社によって得意不得意があるのは仕方ないのですが、このタイプの会社の場合、「遺族のための葬儀」ではなく「儀式としての葬儀」を行うことに終始し、遺族の気持ちを汲み取ってくれません。

 

当然家族葬などの「イレギュラーな」式を行うことには慣れておらず、不手際が目立ちます。

 

望ましい葬儀会社は一級葬儀ディレクターが多い会社

逆に望ましい会社の条件としてあげられるのが、一級葬儀ディレクターが多い会社。

 

この資格は実務経験が5年以上ないと受験できない、厚生労働省認可の資格です。

 

資格=実力ではありませんが、目安にはなります。

 

また、可能なら家族葬を執り行なった経験のある葬儀会社を見つけましょう。

 

少なくともこちらの質問に答えられるのは最低条件です。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

良い葬儀会社を選ぶには 望ましい葬儀会社を選ぶ基準 関連ページ

家族葬であっても葬儀会社に葬儀を依頼するのがベストである理由
家族葬であっても、葬儀会社に葬儀を依頼し助けを借りることは大変有意義で、葬儀会社の手助けなしには難しいかも知れません。最低でも1人は葬儀会社のスタッフを借りた方が良いでしょう。安心感と手際の良さが得られます。
家族葬の色々な形 どの形を選ぶかは遺族次第で決まります
家族葬の形は様々で、弔問客の関係をどこまで広げるかでも変わってきます。故人や遺族の強い希望があり、それが叶えられる環境にあるなら、それを尊重するのが一番正しい形です。まずは要望を葬儀会社に伝えるところから始めましょう。
家族葬の供物 供物のマナーは設けられていないので遺族に聞く
家族葬の供物のマナーは明確に設けられていません。遺族、または葬儀会社に相談するのが良いでしょう。自分が参列者の場合は喪主の意向に従いましょう。喪主も慣れていない場合は、葬儀ディレクターに問い合わせてみるのが安全です。
家族葬の式場 公民館・お寺・自宅・葬儀会社のメリット・デメリット
家族葬の式場を公民館にすれば価格が安く済みます。お寺の場合は、融通も利き相談にのってもらえる点がメリットです。自宅では式場費用が不要になります。葬儀会社でやれば手間がかからず安全で確実で遺族はゆっくりと悲しみに浸れます。
納棺と死に化粧 自分達の手で行うか葬儀会社に委ねるか
死に化粧はエンゼルメイクとも呼ばれ、生前の故人の姿をできる限りとどめます。納棺は、業者に全てを委ねず家族で、というのが望ましいとされていますが、業者にお任せしても良いでしょう。これらの手順は家族葬でもあまり変わりません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead