家族葬の色々な形 どの形を選ぶかは遺族次第で決まります

家族葬の形は様々です故人や遺族の希望が叶えら尊重される葬儀に

色々な記事でちょくちょく触れてきましたが、今回は、家族葬というものの様々な形態について詳しく見ていきましょう。

 

 

弔問客の関係で変わる形態

弔問客の関係と形態

弔問客の関係と形態

家族葬はその名前通り、「家族だけで見送る」葬儀であることが語源であり一般的な形ですが、弔問客の「関係」をどこまで広げるかによっても変ってきます。

 

一緒に暮らしていた家族や子供までしか呼ばない本当に小さな家族葬もあれば、三親等以内の親族を全て呼ぶ式もあります。

 

また、故人と特に親しかった友人の場合は葬儀にも招き、一緒に送り出すケースもあります。

 

お別れの形も様々な家族葬

お別れの形も様々で、小さなホールを借りきり祭壇をしつらえお坊様を呼び……と、小規模な葬儀と変わらない形態を作ることもありますが、お部屋で静かにお別れし、お坊様も呼ばず、無宗教で送り出す式もあります。

 

音楽やお花を愛した故人であるなら、その人が愛した音楽を演奏したり、好きだった花で埋め尽くして送りだすこともあるでしょう。

 

メモリアルブックのようなものを作り、小さなテーブルを囲んで、みんなで故人の思い出話をし、気がすむまで語らいがすんだら火葬場に……という形もあります。

 

家族葬の形は本当にさまざまです。

 

故人や遺族の強い希望があり、それが叶えられる環境にあるなら、それを尊重するのが一番正しい形でしょう。

 

家族葬に限ったことではありませんが、葬儀には「一般的な形」はあるものの、必ずしもそれに従う必要はありません。

 

できるできないは葬儀会社が判断してくれますから、まずは要望を伝えるところから始めてみましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク