家族葬の供物 供物のマナーは設けられていないので遺族に聞く

家族葬の供物を出すか否かは遺族・葬儀会社に問い合わせるのがベスト

家族葬には独特のルールがあり、なかなか難しいですよね。

 

 

家族葬の場合の供物

家族葬の供物

家族葬の供物

一般的な葬儀のときに必ず並んでいる供物、家族葬の場合はどう考えたらいいのでしょうか?

 

参列しない人の場合、どうにかお悔やみの心を伝えたく、何がしかの形で弔いたいと思うでしょう。

 

家族葬では基本的に香典は受け取り辞退されてしまうので、それならば供物で……と考える人も少なくありません。

 

しかし、「結局お返しの手間をかけさせてしまうのではないか」「気を使わせてしまうのではないか」と悩む人も多いでしょう。

 

残念ながら、家族葬における供物のマナーは明確に設けられてはいません。

 

出さない方がよいという意見もある一方、こういうのは気持ちだからと出すことを咎めない風潮もあります。

 

後日お花や供物を持参するという考え方もあり、どれがいいとは一概に決めることはできません。

 

そのため、ごく親しい間柄ならば遺族に問い合わせても良いでしょう。

 

それが難しい場合は、葬儀会社に電話し、相談するという手もあります。

 

自分が参列者の場合

さて、自分が参列者の場合はどうするか。

 

これは非常に簡単で、喪主の意向に従えばいいのです。

 

引き出物にと配るお菓子、あるいは仏壇横に飾るものなどが必要になるケースもありますから、「贈ってはいけない」ということはありません。

 

しかし量やバランスの問題もありますので、喪主に質問してみましょう。

 

喪主も慣れていない場合は、葬儀ディレクターに問い合わせてみるのが安全です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク