家族葬 - 供物のマナーは遺族に聞く

家族葬の供物 供物のマナーは設けられていないので遺族に聞く

家族葬の供物のマナーは明確に設けられていません。遺族、または葬儀会社に相談するのが良いでしょう。自分が参列者の場合は喪主の意向に従いましょう。喪主も慣れていない場合は、葬儀ディレクターに問い合わせてみるのが安全です。

家族葬の供物を出すか否かは遺族・葬儀会社に問い合わせるのがベスト

家族葬には独特のルールがあり、なかなか難しいですよね。

 

家族葬の場合の供物

 

家族葬の供物

家族葬の供物

一般的な葬儀のときに必ず並んでいる供物、家族葬の場合はどう考えたらいいのでしょうか?

 

参列しない人の場合、どうにかお悔やみの心を伝えたく、何がしかの形で弔いたいと思うでしょう。

 

家族葬では基本的に香典は受け取り辞退されてしまうので、それならば供物で……と考える人も少なくありません。

 

しかし、「結局お返しの手間をかけさせてしまうのではないか」「気を使わせてしまうのではないか」と悩む人も多いでしょう。

 

残念ながら、家族葬における供物のマナーは明確に設けられてはいません。

 

出さない方がよいという意見もある一方、こういうのは気持ちだからと出すことを咎めない風潮もあります。

 

後日お花や供物を持参するという考え方もあり、どれがいいとは一概に決めることはできません。

 

そのため、ごく親しい間柄ならば遺族に問い合わせても良いでしょう。

 

それが難しい場合は、葬儀会社に電話し、相談するという手もあります。

 

自分が参列者の場合

 

さて、自分が参列者の場合はどうするか。

 

これは非常に簡単で、喪主の意向に従えばいいのです。

 

引き出物にと配るお菓子、あるいは仏壇横に飾るものなどが必要になるケースもありますから、「贈ってはいけない」ということはありません。

 

しかし量やバランスの問題もありますので、喪主に質問してみましょう。

 

喪主も慣れていない場合は、葬儀ディレクターに問い合わせてみるのが安全です。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬の供物 供物のマナーは設けられていないので遺族に聞く 関連ページ

家族葬であっても葬儀会社に葬儀を依頼するのがベストである理由
家族葬であっても、葬儀会社に葬儀を依頼し助けを借りることは大変有意義で、葬儀会社の手助けなしには難しいかも知れません。最低でも1人は葬儀会社のスタッフを借りた方が良いでしょう。安心感と手際の良さが得られます。
良い葬儀会社を選ぶには 望ましい葬儀会社を選ぶ基準
良い葬儀会社、望ましい葬儀会社は、一級葬儀ディレクターが多く居る葬儀会社です。費用を明確にしない葬儀会社、型にはめた式を行おうとする葬儀会社は良くありません。可能なら、家族葬経験のある葬儀会社を見つけましょう。
家族葬の色々な形 どの形を選ぶかは遺族次第で決まります
家族葬の形は様々で、弔問客の関係をどこまで広げるかでも変わってきます。故人や遺族の強い希望があり、それが叶えられる環境にあるなら、それを尊重するのが一番正しい形です。まずは要望を葬儀会社に伝えるところから始めましょう。
家族葬の式場 公民館・お寺・自宅・葬儀会社のメリット・デメリット
家族葬の式場を公民館にすれば価格が安く済みます。お寺の場合は、融通も利き相談にのってもらえる点がメリットです。自宅では式場費用が不要になります。葬儀会社でやれば手間がかからず安全で確実で遺族はゆっくりと悲しみに浸れます。
納棺と死に化粧 自分達の手で行うか葬儀会社に委ねるか
死に化粧はエンゼルメイクとも呼ばれ、生前の故人の姿をできる限りとどめます。納棺は、業者に全てを委ねず家族で、というのが望ましいとされていますが、業者にお任せしても良いでしょう。これらの手順は家族葬でもあまり変わりません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead