家族葬 - 公民館・寺・自宅・葬儀会社のメリット・デメリット

家族葬の式場 公民館・お寺・自宅・葬儀会社のメリット・デメリット

家族葬の式場を公民館にすれば価格が安く済みます。お寺の場合は、融通も利き相談にのってもらえる点がメリットです。自宅では式場費用が不要になります。葬儀会社でやれば手間がかからず安全で確実で遺族はゆっくりと悲しみに浸れます。

公民館・お寺・自宅・葬儀会社のそれぞれのメリットとデメリット

家族葬を行うとき、式場をどこにするかも頭を悩ませるところですね。

 

それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

公民館の場合のメリットとデメリット

 

それぞれのメリットとデメリット

それぞれの
メリットとデメリット

公民館は価格が安く、5万円~10万円くらいで借りることができます。

 

近所に親戚が固まっている場合集まりやすく、冷暖房も完備しているので、お寺などで行うより快適に過ごせます。

 

しかし「地域に根付いている」ということが、こと家族葬においてはマイナスになることがあります。

 

つまり、「公民館でやるのに参列できないなんて…」「私たちも○○さんを見送りたいのに」という不満が出るケースがあるのです。

 

お寺の場合のメリットとデメリット

 

お寺の場合、価格は様々。

 

大体10万円前後が多いですね。

 

自分が檀家となっているお寺だと融通も利きますし、何かと相談にのってもらえるので心強いでしょう。

 

公民館ほど公有性が高くないので、家族葬でもスムーズに行えます。

 

ただ冷暖房がないケースが多く、場合によってはずっと正座なので、お年を召した方には少々厳しいでしょう。

 

自宅と葬儀会社場合のメリットとデメリット

 

自宅葬は一番お金がかかりません。

 

実質0円です。

 

住みなれた自宅で行えるので、故人の思い出話も一層弾むでしょう。

 

しかしある程度の広さが担保されていないと厳しいですし、近所の人が次から次へとお参りに来るケースもあります。

 

また、自宅で葬儀を行うなら遺族にもある程度の知識はほしいところ。

 

葬儀会社でやれば、一切手間がかかりません。

 

プロに任せておけば安全で確実ですし、遺族はゆっくりと悲しみに浸れます。

 

しかし価格は最低10万円からと高価になりがちです。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬の式場 公民館・お寺・自宅・葬儀会社のメリット・デメリット 関連ページ

家族葬であっても葬儀会社に葬儀を依頼するのがベストである理由
家族葬であっても、葬儀会社に葬儀を依頼し助けを借りることは大変有意義で、葬儀会社の手助けなしには難しいかも知れません。最低でも1人は葬儀会社のスタッフを借りた方が良いでしょう。安心感と手際の良さが得られます。
良い葬儀会社を選ぶには 望ましい葬儀会社を選ぶ基準
良い葬儀会社、望ましい葬儀会社は、一級葬儀ディレクターが多く居る葬儀会社です。費用を明確にしない葬儀会社、型にはめた式を行おうとする葬儀会社は良くありません。可能なら、家族葬経験のある葬儀会社を見つけましょう。
家族葬の色々な形 どの形を選ぶかは遺族次第で決まります
家族葬の形は様々で、弔問客の関係をどこまで広げるかでも変わってきます。故人や遺族の強い希望があり、それが叶えられる環境にあるなら、それを尊重するのが一番正しい形です。まずは要望を葬儀会社に伝えるところから始めましょう。
家族葬の供物 供物のマナーは設けられていないので遺族に聞く
家族葬の供物のマナーは明確に設けられていません。遺族、または葬儀会社に相談するのが良いでしょう。自分が参列者の場合は喪主の意向に従いましょう。喪主も慣れていない場合は、葬儀ディレクターに問い合わせてみるのが安全です。
納棺と死に化粧 自分達の手で行うか葬儀会社に委ねるか
死に化粧はエンゼルメイクとも呼ばれ、生前の故人の姿をできる限りとどめます。納棺は、業者に全てを委ねず家族で、というのが望ましいとされていますが、業者にお任せしても良いでしょう。これらの手順は家族葬でもあまり変わりません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead