家族葬 - 納棺と死に化粧は自分達で行うか会社に委ねるか

納棺と死に化粧 自分達の手で行うか葬儀会社に委ねるか

死に化粧はエンゼルメイクとも呼ばれ、生前の故人の姿をできる限りとどめます。納棺は、業者に全てを委ねず家族で、というのが望ましいとされていますが、業者にお任せしても良いでしょう。これらの手順は家族葬でもあまり変わりません。

エンゼルメイクと呼ばれる死に化粧と御遺体を棺に納める納棺について

御遺体を棺に納める「納棺」と、故人に最後のメイクを施す死に化粧。

 

これは故人の「死」に直面すると同時に、故人を、生前のようにみずみずしい顔立ちに整え、最後の旅路に送り出すためのステップでもあります。

 

死に化粧はエンゼルメイクと

 

死に化粧について

死に化粧について

まず死に化粧から見ていきましょう。

 

現在、死に化粧はエンゼルメイクとも呼ばれています。

 

人間は息をひきとると、どうしても頬や瞼がしぼみ、肌の色艶も変わってしまいます。

 

死に化粧はこのような変化をフォローし、生前の故人の姿をできる限りとどめておこうとする意図があります。

 

かつては家族によって施されるのが一般的でしたし、現在では死に化粧専門の業者もありますが、一番多いのは、葬儀会社によって行われるものでしょう。

 

御遺体を棺におさめる納棺

 

納棺は、その名前の通り、御遺体を棺におさめることを指します。

 

御遺体に旅装束(宗教によって異なる)を着せるところまでは業者が行うのが一般的です。

 

次に装束の紐を家族や親族が結び、男手を中心に棺におさめます。

 

このとき、「業者の手に全てを委ねず、家族で」というのが望ましいとされていますが、気持ちの整理がつかない場合や遺体の損傷が激しい場合は、業者にお任せしてもよいでしょう。

 

実際私の母の場合は突然の死であることと遺体の損傷が極めて激しかったこと、遺族に男手が少なかったこと、精神的なダメージがひどく、とてもではありませんが「納棺」という「死を受け入れる儀式」ができなかったため、全て業者にお任せしました。

 

これらの手順は、家族葬であってもそうでなくてもあまり変わりません

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

納棺と死に化粧 自分達の手で行うか葬儀会社に委ねるか 関連ページ

家族葬であっても葬儀会社に葬儀を依頼するのがベストである理由
家族葬であっても、葬儀会社に葬儀を依頼し助けを借りることは大変有意義で、葬儀会社の手助けなしには難しいかも知れません。最低でも1人は葬儀会社のスタッフを借りた方が良いでしょう。安心感と手際の良さが得られます。
良い葬儀会社を選ぶには 望ましい葬儀会社を選ぶ基準
良い葬儀会社、望ましい葬儀会社は、一級葬儀ディレクターが多く居る葬儀会社です。費用を明確にしない葬儀会社、型にはめた式を行おうとする葬儀会社は良くありません。可能なら、家族葬経験のある葬儀会社を見つけましょう。
家族葬の色々な形 どの形を選ぶかは遺族次第で決まります
家族葬の形は様々で、弔問客の関係をどこまで広げるかでも変わってきます。故人や遺族の強い希望があり、それが叶えられる環境にあるなら、それを尊重するのが一番正しい形です。まずは要望を葬儀会社に伝えるところから始めましょう。
家族葬の供物 供物のマナーは設けられていないので遺族に聞く
家族葬の供物のマナーは明確に設けられていません。遺族、または葬儀会社に相談するのが良いでしょう。自分が参列者の場合は喪主の意向に従いましょう。喪主も慣れていない場合は、葬儀ディレクターに問い合わせてみるのが安全です。
家族葬の式場 公民館・お寺・自宅・葬儀会社のメリット・デメリット
家族葬の式場を公民館にすれば価格が安く済みます。お寺の場合は、融通も利き相談にのってもらえる点がメリットです。自宅では式場費用が不要になります。葬儀会社でやれば手間がかからず安全で確実で遺族はゆっくりと悲しみに浸れます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead