家族葬 - 良く検討すべき棺・骨壷とお墓の費用

家族葬で良く検討すべき費用 ピンキリの棺・骨壷とお墓の費用

家族葬で、お葬式の費用を節約したいと考える際、棺・骨壷・お墓の値段も忘れずにチェックするようにしましょう。それぞれ値段、費用は様々です。これらの出費は大きな負担となり、家族葬であっても、削ることが難しい費用です。

棺や骨壷の値段は千差万別!お墓の値段も忘れずにチェックを

家族葬であろうとなかろうと、棺や骨壷は必要になってきます。

 

ではこの棺や骨壷、いくらくらいするのでしょう?

 

棺はピンからキリまで

 

棺はピンキリ""

棺はピンキリ

棺の値段は、それこそピンからキリまであります。

 

もっとも安いものでは2万円、高いものだと200万円を超えることも!

 

このように、安いものと高いものでは100倍も値段が違うので、なかなか平均価格をだすのは難しいです。

 

ただ、大体の目安とされているのは5万円~15万円くらいの価格でしょう。

 

これくらいがもっとも現実的な価格ですし、大抵の人が納得されるのではないでしょうか。

 

骨壷もいろいろ

 

さて、終の住処である骨壷。

 

これも価格にバラツキがあります。

 

安いもので2000円ほど、九谷焼などを用いれば15万円~とこちらも天井知らず!

 

ただ葬儀会社に依頼する場合、特に希望がなければ通常は2種類、多くても3種類の中から選ぶことになります。

 

このときの価格は大体1万円~2万円ほど。

 

そう考えると、これが骨壷の「平均価格」と言えるのかもしれません。

 

お墓は大きな出費となる

 

お墓を立てるにもかなりの費用が必要です。

 

地方にもよりますが、墓地を買う料金が50万円を下回るケースは稀です。

 

また墓石も、100万円相当の見積もりが必要になるでしょう。

 

先祖代々の墓があり、そこに入るのならばいいのですが、初めて葬儀を行う家ですと、この出費は大きな負担となります。

 

これらは家族葬であっても、削ることが難しい費用です。

 

そう考えると、やはり日ごろから万が一のためにそなえて貯蓄をしておくことは大事ですね。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬で良く検討すべき費用 ピンキリの棺・骨壷とお墓の費用 関連ページ

家族葬に向かない遺族と向かない家庭 故人の交友関係と弔問客の人数
家族葬は、故人が若く交友関係が広い場合や、故人の交友関係が広く多数の弔問客が予定される際は向きません。ケースによっては、弔問客に配慮するより、遺族の気持ちを一番に考える、また置かれている状況を考えることはとても大切です。
遺された家族の「これから」のために 故人の送り方と心の持ち方
家族を亡くした悲しみは葬儀や仏壇、お墓に向かう時にやってくるだけではなく唐突に訪れることもあります。遺された家族は、一番楽な行動をとりましょう。本来の葬儀とは、愛した人を自分が送りたい形で、自分の心のままに送るものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead