家族葬 - 費用・香典とコスト

家族葬の費用・香典とコスト

家族葬の費用は、葬儀で何を行うか、依頼するかによって決まります。お通夜・告別式無しで、僧侶も呼ばず戒名も無し、遺影写真も無しの場合ですと18万円ほど、内容を全て含んだケースでリーズナブルな業者で70万円ほどとなります。

家族葬の費用は・香典が無いので家族葬は高くつくのか

家族葬の費用は

葬儀の費用内訳は、

  1. 会場費
  2. 祭壇費
  3. 会場人件費
  4. 社寺謝礼
  5. 会葬御礼品
  6. 寝台車
  7. 飲食費

などです。

 

家族葬に必要な費用は、葬儀で何を行うか、何を依頼するかによって決まります。

 

葬儀の費用内訳

葬儀の費用内訳

お通夜・告別式無しで、僧侶も呼ばず戒名も無し、遺影写真も無しの場合の最小限とした葬儀ですと、180,000円ほどとなります。

 

このようなケースに対し、それぞれお通夜・告別式・僧侶・戒名・遺影写真が加われば、加えた分ごとに費用が加算されます。

 

上記の内容を全て含んだケースで、なおかつリーズナブルな業者ですと、700,000円ほどとなります。

 

正確な見積が欲しい方は、また家族葬を取り扱う複数の葬儀社に見積依頼をされる場合は、こちらをご参照ください。

 

ちなみに各社、無料で葬儀のさまざまな相談に対応していますので、不明なこと、知りたいことを問い合わせされることをお勧めします。

 

香典が無いので家族葬は高くつくのか

家族葬では、故人に近い親族だけの少人数で執り行う葬儀ですので、当然入ってくる香典は少なくなります。

 

それに対して従来の葬儀ですと、葬儀費用の半分程は香典でまかなえます。

 

しかし、良く考えるべき点は、香典を受け取った家に対しては、今後その家の葬儀には、こちらからも香典を出さなくてはならず、現時点だけではなく将来のことまで考えに入れれば、香典とは費用という意味ではプラスマイナスゼロとなるということです。

 

もしくは、既にその家に対して、過去にこちらが香典を渡しているということもあります。

 

葬儀を行う時点では、葬儀費用が香典でまかなえますが、長い目で見れば同じことということです。

 

つまり、「香典が入る葬儀は安くなるが、香典が入らない家族葬はかえって高くつく」という考えは間違いであるといえるでしょう。

前のページ 次のページ
 

お勧め家族葬対応の葬儀会社


 評価ランキング1位「東京葬儀」

東京葬儀

東京葬儀は、東京での葬儀を中心に神奈川・埼玉・千葉県の1都3県に強い葬儀会社で、口コミサイトでの評価ランキングで1位、利用者満足度96.8%とサービスクオリティに非常に高い評価を受けています。総額料金の明示はもちろんのこと、業界初の返金保証サービスを実施しています。



 葬儀の一括見積もり「葬儀レビ」

葬儀レビ

葬儀レビは、葬儀・葬式・家族葬の全国葬儀社の検索・総合情報サイトで、全国400社の見積りで葬儀費用を比較したい方への一括見積もり、緊急な葬式の24時間対応サービスを行っています。審査基準を満たし、過去の利用者アンケートの「声」から選ばれた評判の良い優良葬儀社を紹介しています。



 追加料金なし「小さなお葬式」

小さなお葬式

小さなお葬式は、追加料金を発生させず、必要な物品・サービスを全て含めた総額料金プランを提示する葬儀会社です。全都道府県で対応可能で、24時間365日、3名~5名のコールセンタースタッフが交代で常駐し対応をしています。追加料金がなく一律料金で特長です。



 葬儀・家族葬の「心に残る家族葬」

心に残る家族葬

心に残る家族葬は、理念や運営方針に賛同する全国の優良な葬儀社と提携し、安心で良質な葬儀を低価格で提供しています。全国平均の葬儀費用より安く、追加費用なしで葬儀を行い、寺院と付き合いがない場合、僧侶を定額のお布施で手配することも可能となっています。



香典・ご仏前代わりにはお花が適切です
 日比谷花壇「お悔み・お供えのお花」

全国の多彩な墓地・霊園を紹介
 もしもドットネット

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬の費用・香典とコスト 関連ページ

家族葬の通知文面の参考例・近所への通知
家族葬では義理で来る人の列席をお断りするので通知で家族葬であること、香典、弔電のお断りを伝える必要があります。近所の方々に対する連絡は、自治会・町内会への連絡で、親しいご近所には、直接訪問し挨拶をされると良いでしょう。
家族葬で受け取った香典・弔電とお花・法要
家族葬でも、受け取った香典に対しては、感謝をしお返しをしないと失礼にあたります。弔電の場合は、お礼を申し上げる程度で宜しいでしょう。また家族葬での四十九日・七日ごとの法要は、自由な形式で行えば良いとされています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead