家族葬 - 準備・エンディングノート

家族葬の準備・エンディングノート

自分の葬儀を家族葬にしたい場合は、家族葬を希望することを家族に明言し書面で書き留めておき家族に渡しておきましょう。自分に生じる万が一の事態に備え、自身の希望を書き留めておくエンディングノートを活用すると良いでしょう。

家族葬で準備しておくことは・エンディングノートとは

家族葬で準備しておくことは

存命中に準備しておくことは、まず何と言っても家族葬を希望することを家族に明言しておくことでしょう。

 

そして家族葬の場合に指定しておくことを、出来れば書面で書き留めておき、それを家族に渡しておきましょう。

 

存命中の準備

存命中の準備

 列席を希望する範囲。呼ぶ人の氏名を特定するのもOKです

 

 お布施・お花・お通夜・僧侶・戒名などの要否

 

 祭壇飾り・花などの希望・指定

 

 遺影写真に使う写真の指定

 

その他、一般的に遺族に残しておくと便利な情報・準備としては、以下の事柄があげられます。

 

 遺言状。特に財産・貴重品・相続について明記すべきことがあれば記述しておきましょう

 

 喪中葉書を出すべき方の住所録・名簿

 

 銀行口座・通帳・年金・生命保険会社・実印の情報・場所

 

 契約しているインターネットプロバイダー・携帯電話の会社情報・連絡先

 

エンディングノートとは

エンディングノートとは、自分に生じる万が一の事態に備え、自身の希望を書き留めておくノートで、これを家族葬を望む方は活用すると良いでしょう。

 

自分が死亡したとき、また判断力・意思の疎通能力がなくなる病気に罹った場合などに備えて、エンディングノートに家族葬で希望する内容を記しておけば、遺族にとって非常に役に立つでしょう。

 

なおエンディングノートは、死後の家族の負担を減らすことを目的としていて、遺言・遺言状とは違い法的効力はありませんので、財産分与などの重要事項は遺書・遺言状にて残すようにしましょう。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬の準備・エンディングノート 関連ページ

葬儀後のお骨の処理・お墓・仏壇など
家族葬を選ぶ方の中には、お骨の処分も簡素化したいと考える方がみえます。火葬場で拾骨はしませんと伝えると、骨灰・遺灰扱いとなり供養して処理してくれます。また、お墓も簡素に、お墓自体無しでと考える方も多くなっています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead