葬儀後のお骨の処理・お墓・仏壇など

葬儀後のお骨の処理について・お墓・仏壇などについて

 

葬儀後のお骨の処理について

葬儀の最後は火葬ですが、これは家族葬でも同じですが、家族葬を選ぶ方の中には、お骨の処分も簡素化して欲しいと考える方がみえます。

 

遺族が、骨壷に入れてお骨を持って帰っても、その後の将来の処分・取り扱いについて困るのではと心配されるようです。

 

お骨の処理

お骨の処理

火葬場で、遺骨を全く残さず全て焼却するのは事実上は不可能ですが、「拾骨はしません。」と火葬場に伝えると、骨灰・遺灰扱いとなり供養して処理してくれます。

 

将来、墓守がいないのでしたら以下の方法も、お骨の扱いとして人気がありますので参考にして検討されることをお勧めします。

 

  1. 公営共同墓地に申し込む
  2. お寺に依頼して永代供養をしてもらう
  3. お寺や墓苑の納骨堂を利用する
  4. 指輪やペンダントに加工してもらう
  5. 自分の趣味に合わせてモニュメントに加工してもらう
  6. 海に散骨してもらう
  7. 小型の仏壇に祀る

 

お墓・仏壇などについて

お骨の処理とともに、家族葬を選ばれる、つまり簡素な葬儀を望まれる方は、やはりお墓に対する考え方も簡素に、というケースが多くなっています。

 

葬儀全体に費用をかけたくない、遺族に金銭的な負担をかけたくない、なのでお墓も簡素に、またはお墓自体無しで、と考える方は少なくありません。

 

近年はさまざまなタイプのお墓もありますし、また狭い日本の住宅事情に適した、小型で簡易的な仏壇もいろいろとあります。

 

お墓にしろ、仏壇にしろ、さまざまなタイプがありますので、専門店などでチェックされ最も適したタイプを事前に選んでおくことをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク