家族葬 - 香典の通知・服装・マナー

家族葬の香典の通知・服装・マナー

家族葬は全て香典無しという考え方は間違いで、香典は不要と勝手に判断すると失礼なことになり大恥をかくことも考えられます。家族葬は簡易的な葬儀という考え方も間違いです。参列する際、心配事は相手側に確認するのが良いでしょう。

香典について家族葬の通知に書かれていない・服装・マナーについて

香典について家族葬の通知に書かれていない

家族葬といっても、明確な決まりなどが有るわけではありません。

 

家族葬=香典無しというケースが、最も多いことは事実です。

 

しかし家族葬の全てが香典無しということでは、決してありません。

 

家族葬の全てが香典無しではない

家族葬の全てが
香典無しではない

家族葬=香典無しという考え方・解釈は間違いであり、これを勘違いして全ての家族葬に香典は不要と勝手に判断すると、非常に失礼なことになり、時には大恥をかくことも考えられます。

 

「香典は遠慮させていただきます」という連絡・通期・注記が無い限り、訪問の際には香典を出すのが一般的で、葬儀に参列する常識です。

 

必ず通知の内容をチェックするようにしましょう。

 

家族葬の服装・マナーについて

家族葬=簡易的な葬儀と考える方がみえますが、それも大きな間違いです。

 

確かに中には、お通夜などを行わない簡素な家族葬もありますが、葬儀であることに違いはありません

 

ですから服装もマナーも通常の葬儀と全く同じで、男女とも数珠を忘れずに、

 

・男性の服装の基本 : ダークスーツ・白シャツ・黒のネクタイ・黒の靴下・黒の靴

 

・女性の服装の基本 : 地味な平服で、必要以上に肌を露出させず、光沢のある物や派手で目立つ物を身に着けない

 

その他のマナーは、一般の葬儀と全く同じです。

 

家族葬といっても葬儀は葬儀ですし、また地域によって様々な風習・習慣もありますので、もし地域の習慣・マナーを知らない場合、不慣れな場合、心配事は相手側に確認するのが良いでしょう。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬の香典の通知・服装・マナー 関連ページ

家族葬で旅費を受領・友人の親の家族葬
家族葬で、遺族が香典を受け取られず逆に旅費を頂戴してしまった場合でも、お返しはしない方が良いでしょう。友人という立場であれば香典を渡さないことが家族葬のマナーですので、お悔やみの言葉を差し上げるようにすると良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead