家族葬 - 旅費を受領・友人の親の家族葬

家族葬で旅費を受領・友人の親の家族葬

家族葬で、遺族が香典を受け取られず逆に旅費を頂戴してしまった場合でも、お返しはしない方が良いでしょう。友人という立場であれば香典を渡さないことが家族葬のマナーですので、お悔やみの言葉を差し上げるようにすると良いでしょう。

香典を受け取られず旅費を頂戴・友人の親の家族葬で香典は渡すのか

香典を受け取られず旅費を頂戴してしまった

家族葬に参列し香典を渡そうとしたら、逆に交通費・宿泊費などを遺族から貰ってしまうケースも、特に遠方から参列される場合に多々あります。

 

受け取った側としては困惑・恐縮をしてしまい、そのお金に対して後日、お返しをすべきかどうか迷う場合もあります。

 

旅費を頂戴した

旅費を頂戴した

この場合、頂戴した旅費・交通費・宿泊費などに対するお返しはしない方が良いでしょう。

 

お葬式を出す側としては、参列した方へのお礼など、さまざまな大変な作業があり、それを省くことも家族葬の目的である場合が多いものです。

 

そのような相手側の手間を考えると、お返しはしない方が、却って気遣いといえるでしょう。

 

よほどの高額な金額でないかぎり、相手側の後の手間のことを考えて、お返しは不要と受け止めて、その場でお礼の言葉をお返しするようにしましょう。

 

友人の親の家族葬で香典は渡すのか

家族葬の場合、儀礼的な弔問を受けず、ごく近親者のみから香典などの金品を受け取る事になっています。

 

ですから、友人という立場であれば、香典を渡さないことが一般的な家族葬のマナーとなります。

 

但し、これも葬儀の通知に「香典はお断りします。」と明記がされている場合のマナーです。

 

もしも明記がなされていないならば、一応準備だけしておくのがベストでしょう。

 

そこで受け取りを断られたら渡すのをひかえ、お悔やみの言葉を差し上げるようにすると良いでしょう。

 

家族葬の全てが、香典が不要という考え方は間違っていますので注意が必要です。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬で旅費を受領・友人の親の家族葬 関連ページ

家族葬の香典の通知・服装・マナー
家族葬は全て香典無しという考え方は間違いで、香典は不要と勝手に判断すると失礼なことになり大恥をかくことも考えられます。家族葬は簡易的な葬儀という考え方も間違いです。参列する際、心配事は相手側に確認するのが良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead