家族葬の通夜・弔電・葬儀後の焼香・弔問

お通夜には行くべきか・弔電は送るか・葬儀後のご焼香・弔問やお線香

 

家族葬のお通夜には行くべきか

家族葬には仕事関係の人、近隣住民が参列しないのが通例です。

 

ただお通夜に関しては、やはり決まりがあるわけではありませんが、一般的には、お通夜も参列しないのがマナーとされています。

 

お通夜に行くべきか

お通夜に行くべきか

ですが、故人との生前の親しさの度合い、また家族葬をされる家庭の事情もあると思われますので、お通夜に関しては相手側に確認されるのが良いでしょう。

 

お悔やみの言葉を申し上げて、直接確認されることをお勧めします。

 

家族葬に弔電は送るべきか送らないべきか

家族葬という主旨を考えた場合、弔電は送らない方が無難と思われます。

 

ですが、特に「弔電もお断りする」といういうな断りが無い場合、弔電を送っても問題はありません。

 

故人との生前の関係、親交の深さの度合いを考えて、送るべきと判断されたら送信してください。

 

葬儀後のご焼香のマナー

 

葬儀後のご焼香のマナーとして、まず訪問するタイミングは葬儀後1週間の間に出かけられると良いでしょう。

 

その際の服装は、普通の葬儀と同じで葬儀に参列する基本的な服装としましょう。

 

コチラをご参照して下さい。

 

またご焼香の場合の香典については、家族葬であったならば通常は遺族は受け取られませんので、持参せずに訪問しましょう。

 

弔問やお線香もお断りか

一般的には、家族葬を身近な親族だけで済ませることはあっても、その後の弔問やお線香もお断りする方は少ないと思われます。

 

但し、それぞれ家庭の事情もありますので、そういうケースも稀にはあると思われます。

 

ですから、これもお悔やみの挨拶をして、相手に直接確認されると良いでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク