家族葬 - 通夜・弔電・葬儀後の焼香・弔問

家族葬の通夜・弔電・葬儀後の焼香・弔問

家族葬のお通夜には参列しないのがマナーとされています。また弔電も送らない方が無難です。葬儀後のご焼香は、マナーとして訪問するタイミングを葬儀後1週間にするべきで、事前に相手に直接確認されることをお勧めします。

お通夜には行くべきか・弔電は送るか・葬儀後のご焼香・弔問やお線香

家族葬のお通夜には行くべきか

家族葬には仕事関係の人、近隣住民が参列しないのが通例です。

 

ただお通夜に関しては、やはり決まりがあるわけではありませんが、一般的には、お通夜も参列しないのがマナーとされています。

 

お通夜に行くべきか

お通夜に行くべきか

ですが、故人との生前の親しさの度合い、また家族葬をされる家庭の事情もあると思われますので、お通夜に関しては相手側に確認されるのが良いでしょう。

 

お悔やみの言葉を申し上げて、直接確認されることをお勧めします。

 

家族葬に弔電は送るべきか送らないべきか

家族葬という主旨を考えた場合、弔電は送らない方が無難と思われます。

 

ですが、特に「弔電もお断りする」といういうな断りが無い場合、弔電を送っても問題はありません。

 

故人との生前の関係、親交の深さの度合いを考えて、送るべきと判断されたら送信してください。

 

葬儀後のご焼香のマナー

 

葬儀後のご焼香のマナーとして、まず訪問するタイミングは葬儀後1週間の間に出かけられると良いでしょう。

 

その際の服装は、普通の葬儀と同じで葬儀に参列する基本的な服装としましょう。

 

コチラをご参照して下さい。

 

またご焼香の場合の香典については、家族葬であったならば通常は遺族は受け取られませんので、持参せずに訪問しましょう。

 

弔問やお線香もお断りか

一般的には、家族葬を身近な親族だけで済ませることはあっても、その後の弔問やお線香もお断りする方は少ないと思われます。

 

但し、それぞれ家庭の事情もありますので、そういうケースも稀にはあると思われます。

 

ですから、これもお悔やみの挨拶をして、相手に直接確認されると良いでしょう。

前のページ 次のページ
 

お勧め家族葬対応の葬儀会社


 評価ランキング1位「東京葬儀」

東京葬儀

東京葬儀は、東京での葬儀を中心に神奈川・埼玉・千葉県の1都3県に強い葬儀会社で、口コミサイトでの評価ランキングで1位、利用者満足度96.8%とサービスクオリティに非常に高い評価を受けています。総額料金の明示はもちろんのこと、業界初の返金保証サービスを実施しています。



 葬儀の一括見積もり「葬儀レビ」

葬儀レビ

葬儀レビは、葬儀・葬式・家族葬の全国葬儀社の検索・総合情報サイトで、全国400社の見積りで葬儀費用を比較したい方への一括見積もり、緊急な葬式の24時間対応サービスを行っています。審査基準を満たし、過去の利用者アンケートの「声」から選ばれた評判の良い優良葬儀社を紹介しています。



 追加料金なし「小さなお葬式」

小さなお葬式

小さなお葬式は、追加料金を発生させず、必要な物品・サービスを全て含めた総額料金プランを提示する葬儀会社です。全都道府県で対応可能で、24時間365日、3名~5名のコールセンタースタッフが交代で常駐し対応をしています。追加料金がなく一律料金で特長です。



 葬儀・家族葬の「心に残る家族葬」

心に残る家族葬

心に残る家族葬は、理念や運営方針に賛同する全国の優良な葬儀社と提携し、安心で良質な葬儀を低価格で提供しています。全国平均の葬儀費用より安く、追加費用なしで葬儀を行い、寺院と付き合いがない場合、僧侶を定額のお布施で手配することも可能となっています。



香典・ご仏前代わりにはお花が適切です
 日比谷花壇「お悔み・お供えのお花」

全国の多彩な墓地・霊園を紹介
 もしもドットネット

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬の通夜・弔電・葬儀後の焼香・弔問 関連ページ

家族葬の自治会への通知・御供・御仏前
ご近所の方の家族葬を通知などで知った場合は、斎場へ問い合わせてみると良いでしょう。香典に代わるものを差し上げるのは御供として、贈答用のお線香を渡されることをお勧めします。四十九日が済んだ後の御仏前は避けた方が賢明です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead