家族葬 - 自治会への通知・御供・御仏前

家族葬の自治会への通知・御供・御仏前

ご近所の方の家族葬を通知などで知った場合は、斎場へ問い合わせてみると良いでしょう。香典に代わるものを差し上げるのは御供として、贈答用のお線香を渡されることをお勧めします。四十九日が済んだ後の御仏前は避けた方が賢明です。

自治会のお知らせで知った・香典に代わるもの・四十九日後の御仏前

自治会のお知らせで家族葬を知った

ご近所の方のご不幸を自治会などの通知・回覧板などで初めて知った場合は、葬儀会場の斎場名や日時などが、お知らせに記載されている場合、直接にその斎場へ問い合わせてみると良いでしょう。

 

斎場の担当・係の方が、そのご家族の葬儀が一般会葬を受け付けるか、または受け付けない葬儀のかを教えてくれます。

 

自治会の知らせで家族葬を知った

自治会の知らせで
家族葬を知った

もし受け付けるのであれば、香典辞退の場合は香典を持たずに、香典に関して記述が無ければ香典持参で会場に行くと良いでしょう。

 

家族葬で香典に代わるものを差し上げるのは

家族葬で、香典が辞退と明言されている場合、香典など現金のお包みは避けるのは当然ですが、どうしても志として品物を遺族に渡したい場合は、「御供」として贈答用のお線香を渡されることをお勧めします。

 

またその場合、「御供」に対するお返し辞退の意向を遺族の方に伝えておくと良いでしょう。

 

家族葬で四十九日が済んだ後の御仏前は

葬儀の際に志の「御供」として贈答用のお線香を渡されることは何ら問題はありませんが、四十九日が済んだ後ですと遺族の立場としては、既にさまざまな整理や処理が終わってしまっている段階となっています。

 

ですので家族葬での、このタイミングで御仏前をお渡しすることは、避けた方が賢明ですので止めておきましょう。

 

故人を偲ぶ気持ちから、どうしても何か形のあるものをお渡ししたいと思われるならば、この場合も「御供」として贈答用のお線香をお渡されると良いでしょう。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬の自治会への通知・御供・御仏前 関連ページ

家族葬の通夜・弔電・葬儀後の焼香・弔問
家族葬のお通夜には参列しないのがマナーとされています。また弔電も送らない方が無難です。葬儀後のご焼香は、マナーとして訪問するタイミングを葬儀後1週間にするべきで、事前に相手に直接確認されることをお勧めします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead