家族葬は一般的な葬儀よりも安い費用で出来るオーダーメイドな葬儀

家族葬という葬儀の送り方は呼び名も形式も様々です

近年、葬儀の形というのは大きく様変わりしつつあります。

 

 

従来のお葬式は年々減少傾向に

かつての、「親戚を呼び家族を呼びご近所を呼び会社の人を呼び、公民館や葬儀式場、お寺などでお坊様にお経をあげてもらい、火葬場で焼き、精進料理を食べ、先祖代々の墓に入る」という「一般的な」お葬式は、年々減少傾向にあるのです。

 

これは、「その人らしい御葬式」「故人や遺族の望むような葬儀」に添うことが一番大事である、という考え方からに他なりません。

 

ここでは当サイトのテーマである、「家族葬」について取り上げていきます。

 

オーダーメイド葬儀ともいえる家族葬

オーダーメイドな家族葬

オーダーメイドな
家族葬

家族葬は、その名前の通り家族だけで故人を送る形です。

 

(例外もあるので、詳しいことは後述します)

 

「家族葬」「お別れ会」「メモリアル葬」「偲ぶ会」などなど、名称は様々で、かつ中身もバリエーションに富んでいます。

 

家族葬は「故人や遺族の望み、希望を叶える」という側面が大きいため、一概に「これが一般的だ」とは言えないのです。

 

100通りのお式があれば100通りの形があるのは、家族葬に限ったことではありません。

 

しかし家族葬の場合はその内容が、普通の葬儀の場合より、もっとオーダーメイド色が強いのです。

 

共通次項として、「家族もしくはその近親者、ごく親しい友人によって行われる小規模(費用的な意味ではなく)な式であり」「平均化すると、一般的な葬儀よりも安く上がる傾向にある」ということがあげられます。

 

それ以外の「常識」は、遺族の要望によって大きく変わっていくので、その意味では、非常にオリジナリティのある葬儀となるでしょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク