家族葬 - 費用が掛からずゆっくりと故人を惜しむメリット 

家族葬のメリット 費用が掛からずゆっくりと故人を惜しむ事が可能

家族葬を選択するメリットは二つあります。一つ目は金銭的なメリットで、一般的な葬儀に比べ1/4~1/2に収まる傾向が強く遺族の経済を圧迫しません。もう一つのメリットは、ゆっくりと故人に寄り添った葬儀ができるということです。

家族葬は費用が遺族の経済を圧迫せずゆっくりと故人に寄り添える葬儀

家族葬を選択するメリットは、大きく分けて二つあります。

 

家族葬にするメリット 葬儀の費用

 

家族葬のメリット

家族葬のメリット

まず一つ目は、金銭的なメリットです。

 

葬儀にかける費用は、全国平均で236万円。地方差や個人差は若干あるとはいえ、この金額は決して「高すぎる」ものではありません。

 

実際私が葬儀会社に勤務していた頃も、150万円~300万円がもっとも多く、それ以上やそれ以下にする場合は、遺族側の希望が必要でした。

 

もしくは故人が非常に高齢であり弔問客が非常に少ない場合や、逆に故人が若く、付き合いが広かった場合などの特例的な場合を除き、7~8割以上がこの価格帯でした。

 

しかしこれは、かなり大きな負担となります。

 

家族葬はまだ数が少なく、「家族葬の場合だけ」の平均価格は、葬儀全体のときほどの明確なものは出ていません。

 

ただ、体感的にはそれの1/4~1/2に収まる傾向が強いです。

 

そのため遺族の経済を圧迫しません

 

家族葬にするメリット ゆっくりと故人を惜しむ

もう一つのメリットは、「ゆっくりと故人に寄り添った葬儀ができる」ということです。

 

一般的な葬儀の場合、喪主はとにかく大変です。

 

「参考例」がない分、家族葬の方が戸惑うことは多いのですが、弔問客や親族に気を使う必要がないので、ゆっくりと悲しみに浸ることができます。

 

お別れまでの時間も長くとれますし、最後の語らいを存分にすることができるでしょう。

 

これにより、「きちんとお別れができた」という実感が得られやすいのです。

 

他にも小さなメリットはいくつかあるのですが、特に大きなものはこの二つです。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬のメリット 費用が掛からずゆっくりと故人を惜しむ事が可能 関連ページ

家族葬は一般的な葬儀よりも安い費用で出来るオーダーメイドな葬儀
近年、葬儀の形は大きく様変わりしつつあります。かつての一般的なお葬式は、年々減少傾向にあります。家族だけで故人を送る家族葬の特長は、一般的な葬儀よりも安く上がる傾向にあるということがあげられます。
家族葬には周囲の理解が必要で事前の準備や環境作りが大切
地方や親族や遺族が高齢である場合、家族葬という一般的ではないお葬式を厭う傾向にあります。家族葬には周囲の理解が非常に大事ですから事前の勉強、及び事情の説明や連絡の手間は惜しまないようにしましょう。
家族葬のデメリット 葬儀に出られない人の感情と費用に対する中傷
家族葬にはメリット以上にデメリットが大きくなるケースがあります。葬儀に出なかった人から不満が出たり、費用をケチったと中傷されるケースもあります。これらを避けるには、事前の遺族や故人の考えの通知が必須となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead