家族葬のデメリット 葬儀に出られない人の感情と費用に対する中傷

家族葬は葬儀に出られない人から不満が出たりケチと中傷される場合も

家族葬にはメリットばかりでなく、デメリットもあります。

 

葬儀の場合、送る側がみんなナイーブになっていることが多いので、特にこの「デメリット」が深刻化するケースが多いです。

 

時にはメリット以上にデメリットが大きいケースになりうるのが、家族葬。

 

急いで決める前に、まずはご一読下さい。

 

 

家族葬にするデメリット 葬儀に出られない人の感情

家族葬のデメリット

家族葬のデメリット

家族葬はその名前の通り「家族で送る」式です。

 

様々な形があり、「親族もOK」「親しい人なら友人でも」とするケースもありますが、基本的には家族のみです。

 

そのため、「送りたいのにいけない」「じゃあ後からご焼香にいけばいいの?」「私達だってお見送りしたいのに」という不満が出る場合が多いのです。

 

家族葬にするデメリット 葬儀費用に対する中傷

また、「費用がかかるのが嫌で、けちったのだろう」という心無い中傷に傷つけられるケースも……。

 

後者は問題外としても、「送りたい気持ちがあるのに、断られた」「いけない」という気持ちはあとあとまで尾を引きます。

 

このような気まずさを避けるためには、事前に遺族や故人の考えをハガキなどで通知することが必須です。

 

今は「家族葬後に」通知ハガキやお礼のハガキを出すのが一般的ではありますが、これでは「どこからか故人が亡くなったことを知ってかけつけてしまう人」へのフォローはできませんよね。

 

そのため、可能なら事前にお知らせハガキを出しましょう。

 

文面は色々ありますが、近親者のみ、家族のみで行うことなどを記します。

 

葬儀を行う場所などは伏せておきましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク