家族葬 - 祭壇を導入するかどうかを選べる

祭壇 家族葬なら祭壇を導入するかどうかを選べ費用削減となる

家族葬の場合、祭壇を導入するかの判断が必要です。一般的なお葬式から弔問客を抜いた形ならば、祭壇をいれることが多いでしょう。反対に、無宗教で読経もいらない、お棺と遺影だけで静かな別れを望むならば祭壇は必要がありません。

葬儀会社と相談し祭壇の導入も含め家族葬のスタイルを決めましょう

家族葬は非常に自由度の高い葬儀の形である、ということは再三ふれてきましたし、これからのキーワードにもなります。

 

自由度が高いということは、自分達で一つずつ決めていかなければならない、ということに他なりません。

 

この中でも、もっとも基本となる「祭壇」について触れていきましょう。

 

自由度が高い家族葬での祭壇

 

自由度が高い家族葬の祭壇

自由度が高い
家族葬の祭壇

葬儀といえば、どん、と構えた祭壇をイメージする人が多いでしょう。

 

遺影が飾ってあり、花や榊があって、その前に焼香台があり、お坊様が読経をあげる――それが一般的な葬儀の形です。

 

家族葬の場合、まずこの「祭壇」を導入するかどうかの判断が必要です。

 

「一般的なお葬式の中から、弔問客を抜いた形にしたい」という考えであるならば、祭壇をいれることが多いでしょう。

 

反対に、「無宗教だし読経もいらない、お棺と遺影だけでいい」という形で、静かな別れを望むならば、祭壇は導入する必要がありません。

 

葬儀会社と相談して家族葬のスタイルを決める

多くの葬儀会社では、この「祭壇料」に、お棺や霊柩車、遺影の代金などを含んでいます

 

そのため、手っ取り早さで言うならば、こちらが楽です。

 

お花などもついてきますし、葬儀に必要なものが一通り揃います。

 

祭壇を導入しない場合は、お部屋などでお別れをしたり、故人の遺影を見ながら食事したりと、様々なスタイルをとることができます。

 

費用はこちらの方が、お布施がいらない分、総合的に安く上がる傾向にありますが、決めることが多く、手順が煩雑です。

 

どちらも一長一短があり、葬儀会社によっては対応していないこともあるので、よく相談しましょう。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

祭壇 家族葬なら祭壇を導入するかどうかを選べ費用削減となる 関連ページ

葬儀費用 家族葬と一般的な葬儀の費用の違いと金額の目安
家族葬は一般的な葬儀に比べ、お得になります。削ろうとすれば10万円程度でも可能です。弔問客の引き出物や料理にお金をかけずにすむ分、故人や遺族の思いを実現するためにお金をかけられるというのも家族の特長となっています。
友人葬と家族葬の違い 友人葬は特定宗教「創価学会」の葬儀の名称
友人葬は特定宗教「創価学会」の葬儀の名称で家族葬は全くの別物です。家族葬とは意味合いが大きく違い、かなり独特のマナーになっているので、注意が必要です。友人葬と家族葬は違うものという認識を持っておくようにしましょう。
密葬と家族葬 密葬は公開される葬儀の前の密葬で葬儀の中の一環
家族葬が、近親者や遺族だけで葬儀を行い完結するのに対し、密葬は葬儀の中の一環で、一般的な葬儀では弔問客の数が増えすぎてしまう場合、公開される葬儀の前に密葬という形で故人との永の別れを心ゆくまで済ませておくものです。
無宗教の葬儀と家族葬 費用が安く自由度が高い点で共通点が多い葬儀
無宗教と家族葬は、違うとも一緒とも言えないものです。家族葬で無宗教なお式もあり、家族葬でも宗教的なものを執り行なうケースもあります。無宗教の式は、お金をかけることもできますし、安くあげようと思えばどこまでも安くなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead