家族葬 - 密葬は公開される前の密葬

密葬と家族葬 密葬は公開される葬儀の前の密葬で葬儀の中の一環

家族葬が、近親者や遺族だけで葬儀を行い完結するのに対し、密葬は葬儀の中の一環で、一般的な葬儀では弔問客の数が増えすぎてしまう場合、公開される葬儀の前に密葬という形で故人との永の別れを心ゆくまで済ませておくものです。

密葬は弔問客が多くなる公開の葬儀の前に行われる密葬

密葬も家族葬も、近親者だけで行う小規模な御葬式だから、一緒じゃないの?

 

そんな風に考えている人もいるでしょう。

 

今回は、この二つの違いについてみていきます。

 

一般的な密葬は葬儀の中の一環

 

密葬とは葬儀の中の一環

密葬とは葬儀の
中の一環

家族葬が、近親者や遺族だけで葬儀を行い、そこで「完結」するものであるのに対し、密葬はあくまでも「葬儀の中の一環」という理解が正しいとされています。

 

密葬は公人や交友関係が非常に広い人(大会社の役員や社長)に適用されるケースが非常に多いのです。

 

理由は、故人がこのような職業についていた場合、一般的な葬儀にしてしまうと、弔問客の数が増えすぎてしまうから。

 

遺族や親族は弔問客の対応に追われ、故人とのお別れができません。

 

特殊な密葬は家族葬よりも狭い範囲の葬儀

またこのような場合、遺族も「公人の家族」としての立ち居振る舞いが求められ、ゆっくりと悲しみに浸るということが認められない傾向にあります。

 

そのため、「公式に」公開される葬儀の前に密葬という形で故人との永の別れを心ゆくまで済ませておくのです。

 

しかし現在は密葬だけで葬儀を終わらせるケースも多く、これが、「家族葬=密葬」の誤解をうむ原因となっています。

 

また、公人でない場合の「密葬」は、葬儀会社によっては「亡くなった事さえ知らせずに行う葬儀」という風に位置づけている場合もあります。

 

これは同居していた家族や、親族でも特に近しい人にしか知らせないというものであり、家族葬よりももっと小規模で、「秘密」の色合いが濃くなります。

 

いずれにせよ、言葉の齟齬が思わぬトラブルをおこしがち。

 

疑問は解消しておきましょう。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

密葬と家族葬 密葬は公開される葬儀の前の密葬で葬儀の中の一環 関連ページ

葬儀費用 家族葬と一般的な葬儀の費用の違いと金額の目安
家族葬は一般的な葬儀に比べ、お得になります。削ろうとすれば10万円程度でも可能です。弔問客の引き出物や料理にお金をかけずにすむ分、故人や遺族の思いを実現するためにお金をかけられるというのも家族の特長となっています。
祭壇 家族葬なら祭壇を導入するかどうかを選べ費用削減となる
家族葬の場合、祭壇を導入するかの判断が必要です。一般的なお葬式から弔問客を抜いた形ならば、祭壇をいれることが多いでしょう。反対に、無宗教で読経もいらない、お棺と遺影だけで静かな別れを望むならば祭壇は必要がありません。
友人葬と家族葬の違い 友人葬は特定宗教「創価学会」の葬儀の名称
友人葬は特定宗教「創価学会」の葬儀の名称で家族葬は全くの別物です。家族葬とは意味合いが大きく違い、かなり独特のマナーになっているので、注意が必要です。友人葬と家族葬は違うものという認識を持っておくようにしましょう。
無宗教の葬儀と家族葬 費用が安く自由度が高い点で共通点が多い葬儀
無宗教と家族葬は、違うとも一緒とも言えないものです。家族葬で無宗教なお式もあり、家族葬でも宗教的なものを執り行なうケースもあります。無宗教の式は、お金をかけることもできますし、安くあげようと思えばどこまでも安くなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead