家族葬 - 弔電はお断りが無ければ送っても構わない

家族葬への弔電 明確にお断りが無ければ送っても構わない

家族葬への弔電は遺族から明確にお断りが無ければ、心を表す唯一の方法として送っても構いません。故人の訃報に接し、その死を悼み葬儀に参列できないながらも何がしかの形で送りたいと願うなら、失礼にはならないと考えます。

明確にお断りが無ければ心を表す唯一の方法として家族葬でも弔電を

一般的な葬儀の場合、ご焼香の合間に読まれることが多い弔電。

 

しかしこの弔電、家族葬のときに打ってもいいのでしょうか?

 

家族葬への弔電は心を表す唯一の方法

 

家族葬への弔電

家族葬への弔電

家族葬は多くの場合、弔問も供物も香典も断ります。

 

そのため、参列できない人は何とかして悲しみやお悔やみを表し、故人の旅立ちを見守りたいと感じるでしょう。

 

弔電はそんな風に考える人にとって、心を表す唯一の方法になります。

 

「家族でゆっくり見送りたいから」という価値観からか、「弔電は慎んだ方がベター」とする説もあります。

 

また、「送ることが駄目とは言わないが、送らない方が賢明」という意見もあります。

 

しかし同時に、「香典は控えるべきだが、弔電は送っても大丈夫」とする専門家もいます。

 

どれが正しいか、というのは、現在はまだはっきりと明言されていません。

 

弔電は自分の気持ちで考える

これから先も明確なマナーが確立される可能性は非常に低いでしょう。

 

そもそも葬儀というのは、地方差やその家族によって考え方が大きく変わってくるものですし、故人の年齢や交流関係によっても差が出ます。

 

ただごく個人的な考えを述べるなら、送っても構わないと思います。

 

自然な気持ちで考えてみてください。

 

あなたが大切な人を亡くしたとき、あなたと同じように故人を大切に思ってくれていた人からの弔電を見て、あなたは不愉快に思うでしょうか?

 

多分9割以上の人が「いいえ」と答えますよね。

 

あなたが故人の訃報に接し、心からその死を悼み、葬儀には参列できないながらも何がしかの形で送りたいと願うなら、失礼にはならないのではないでしょうか。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

家族葬への弔電 明確にお断りが無ければ送っても構わない 関連ページ

家族葬のマナーは辞退と遠慮が基本 遺族の気持ちを尊重しましょう
自分が遺族側ではない場合、家族葬は辞退と遠慮がキーワードとなります。弔問に訪れるのは悪いマナーに近い行為になります。遺族側は、弔問に訪れる人や香典を、あまりかたくなに拒んだり、語気を強めて拒絶するのは望ましくありません。
家族葬と香典 基本は不要ですが立場や地方でマナーに違いも
家族葬の香典は基本的に親族以外は不要ですが、初めから持参しないよりも、辞退の言葉を聞いてから取り下げる方が失敗がありません。香典でも手土産でも持参し、遺族側に決めてもらうという態度が正解だといえるでしょう。
家族葬での参列 原則的に参列は遠慮するのが基本のマナー
家族葬における参列で、故人と特に親しくないが一般の葬儀には出るという立場では、参列は遠慮しましょう。故人と親しかったり親族だが呼ばれていない立場では、遺族の意思に従いましょう。遺族側は、ご焼香だけというケースが多いです。
家族葬の服装 男性はダークスーツ・女性は黒や紺のワンピース
家族葬で参列で、平服ということわりがある場合の服装は、男性がダークスーツで女性は黒や紺のワンピースが基本となります。平服のことわりがなければ、一般的な葬儀に準じます。平服は普段着と同じではないということに注意して下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
家族葬を扱う葬儀会社 一般共通事項 開く立場 参列する人 参列しない人

学びネット powered by TrendLead